ポケモンGO ポケストップを求めて(千葉県)

ポケストップを求めて散策中(≧◇≦)

IMG_4928
新たなポケストップ候補を探すべく!ポケ散歩(。-`ω-)

千葉県南房総市千倉町七浦地区の防波堤アートが30年ぶりに修復され
ちくらアートな海の散歩道として蘇りました。

全長約550Mに連なる防波堤に地元にゆかりのある作家さんによる
防波堤ウォールアートが完成したとの事なので早速、現地調査です。
IMG_4996
勿論、プロのアーティストだけでなく地元の小学生たちの作品も
一連の作品の中に取り込まれています。

以前は、地元の小学生が書いたであろう作品が30年の月日とともに
風化し野ざらしの状態でしたがこの度プロの指導の下生まれ変わった模様
IMG_4940
このように作品名とともに作者&子供たちの名前が簡単に記されており
子供たちだけだと方向性が定まらないとみたか、ワークショップ形式です
IMG_5001
IMG_5006
等間隔で白く塗られた、防波堤に各作家さんが各々の作品を書くスタイル
統一感を無理に出そうとしていないので、別々の作品集って感じでしょうか?
IMG_5009
なかには、コロナ禍を意識したエリアもあり疫病退散って事ですかね(。´・ω・)?
IMG_5010
各々、疫病退散をモチーフにしたアマビエ?(妖怪が書かれています)
IMG_4976
これは、ガチの作品なのか?だれかのいたずらなのかマジンガーZ!!!

遊び心かイタズラかわからないラインの作品をそっと端っこに書き込む
恐らく複数の作家さんの合作エリア?なのでやりすぎたのでしょか・・・。
IMG_4999
IMG_5016
IMG_5017
防波堤ウオールアート作品の中に現実世界に飛び出しちゃった作品が!IMG_5012
何々、潮風指定特別天然記念物 サイコロ隕石だとぉぉぉおおお!!!
IMG_5013
これは恐らく、車進入禁止阻止のために置かれていたコンクリートブロック
上手く再利用されて作品の一部に取り込まれていました。
IMG_5002
IMG_5007
IMG_5019
IMG_4974
IMG_5005
全長550メートルの防波堤ウォールアートは始まりと終わりに
ちくら 海のアートな散歩道の作品でしめられており
片道7分少々往復15分ぐらいで散策できる散歩道になっています。

道の駅 ちくら潮風王国に車を止めて海岸線を散策するには
程よい距離になっていました。


IMG_4913
ちょっと変わり種のポケストップ申請
トンネル入り口壁面の枇杷柄タイルアートはポケストップになり得るのか

まあ、サイズ的には申し分ない大きさなのですが問題があるとすれば
トンネルの入り口にあるという点でしょうか?

素材的には良くても、安全にアクセスできる?とか何とかで
いつもパターンを引くとリジェクトされる可能性があります。

一応、歩道付きのトンネルなので徒歩で散策する分には出来なくはなく
安全にアクセスする事は可能だと思います。

この日は天気も良く、ポケストップ申請日和だったのですが
悲しいことに真横に集会所があるではないですか(´;ω;`)

しかも、以前調査した時にはなかったポケストップが生えてる!
IMG_4911
勿論、トンネルですから反対側の出口も存在する訳ですが
折角の快晴があだとなったかこの時刻だと、丁度日陰に(。-`ω-)

タイルアートの題目が枇杷から菜の花にチェンジな点
菜の花は千葉県の花なのでイメージ的には問題なしでしょう

願わくば、枇杷の方がインパクトあったのと太陽の位置からして
写真写りが良かったのでその点は残念でした。

それでも申請が通ったので、反対側の枇杷柄のタイルアートも
集会所がなければ田舎では珍しい特徴的なポケストップになったかもです。

IMG_4915
梅雨の晴れ間を利用してのポケストップ申請

以前挑戦するも、モノの見事にリジェクトされた苦い思い出の案件です
看板自体の大きさは問題なく、ストリートビュー対応

説明文を丁寧に描いたにも関わらず、リジェクトされる(。´・ω・)?

勿論、申請時のアピールの仕方が下手だった可能性も考えられるので
同じモノがポケストップ化されてないか徹底調査してみたところ
ありましたよ、まったく同じデザインの巨大看板が!

此方も同じく、館山市と隣の市の境に建てられており
立地の安全性だけ見ればこちらの方が花壇付きでスペースはある。

この事から考えて審査員の引きが原因かとおもわれます。

それでも前回と同じ攻め方をしても意味がないので
今回は巨大な看板アート押しではなく、ウエルカムボード的な
ようこそ!わが町へ歓迎してますよ!っ的な説明文で攻めようかと
いろいろ試行錯誤して新しいアピール方法を考えていざ現地に行ってみると
まさか、(;゚Д゚)まさかの展開がぁぁあああ!!!

↑このページのトップヘ